アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
プチ五合庵
ブログ紹介
zoom RSS

大津堅田の彼岸花。

2017/11/14 23:13
画像


画像


画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


真如堂から萩寺・藤袴

2017/11/12 22:59
画像

萩を撮りに真如堂へ。

画像

真如堂の写真はここまで。(笑)
たしか前にも、載せたことあったような気がしましたんで。

以下、萩と藤袴。

画像

私これまでよく知りませんでしたが、京の藤袴は、一般の藤袴とは違うようですね。

植物園などに咲いている藤袴は少しピンクがかっている。
ここの藤袴はもう、純白ですね。

もちろん、私はこの純白の藤袴が、とても気に入りました。

また、このサイトによりますと、

・・・フジバカマは万葉の時代から日本で親しまれてきた花ですが,生息に適した環境が減少したために今では「準絶滅危惧種」(環境省)に指定されています。その貴重な野生種が,平成10年(1998年)に大原野で発見されて以来,市内各地で保全活動に盛んです。・・・

とあります。

毎年、こんな催しもやってるみたい。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


撮りためたやつドバっと。(其の一)^^

2017/11/12 22:49
画像


画像

阪神高速池田線。

画像

五月山公園。ワラビーに会えなかった。。。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


AGPTeK M20

2017/09/11 00:45
数か月前の話になるんですが、「AGPTeK M20」なるものを買ってみました。

これはなにかと言うと、DAP。
DAPなんて用語、実は私も知らなかったくらいですが、要は「ウォークマン」及び、類似製品のこと。
デジタル・オーディオ・プレーヤーの略ですね。

何となく興味が湧いたので買ってみたのですが、スゴイですねこれは。

DAPとしては、私は何年か前にウォークマンを買っており、その音に不満があった訳ではないのですが。

ただ、問題だったのは、

1)私のウォークマンが、最新の楽曲保存形式に対応していないこと。
2)今のDAPは、microSDカードに曲を保存出来るようになっており、microSDカードの複数枚持ち歩きで、それこそ無限大に近いほどの楽曲が、身近に置いておけること。

そのあたりに興味があったから、でしょうか。

曲の保存形式についても、調べてみました。
私の持ってるウォークマンはATRAC形式でしたが、これはおそらくソニー専用の保存形式で、他社では使えない。
(たぶん。。。)
iPod(iPhone)も、あれはアップル専用の保存形式が採用されていますね。
(今のiPodはApple ロスレスに対応しているようですが、私が使っていたiPod touchはおそらくAAC。)

ところで、iPodって最近はだいぶ人気が落ちてるようです。 知らなかったけど。
やはり、音がひどすぎるということが、漸く消費者に浸透した、ということでしょうかね。
そこへ行くと、最近の中国製のDAPはスゴイです。

保存形式については、いろいろ調べた結果、、FLACを選びました。
「MediaGo」を使えば、簡単にCDから変換してくれます。
「Apple ロスレス(ALAC)」もFLACと同等の音質らしいですが、先にも触れたように、私はアップルの音楽にはあまり良い印象がありませんので…。

で、「MediaGo」で変換したFLACファイルを、PCで「M20」へコピーするのですね。
ベタな作業ですが。

ま、多少使い勝手がアレなところは気にしない。
なんせ中国製ですから。
中国製は、そんなところは重視しないようです。

一番は音の良さ。
そこだけに徹底してこだわってるところ。 好感が持てます。

じゃあ、私の持ってるウォークマンと比べて、どちらが音が良いか?

甲乙つけがたいですね。
真剣に比較するのもしんどいので、あまりやってみてはいませんが。
なんとなく思ってるのは、ウォークマンの方が音が低い。「M20」の方が高いですか…。

ただ、この「M20」で聴いた、カラヤンのラストレコーディングと言われる、ブルックナーの「第八」第3楽章の弦の美しい音色は、異常でした。(笑)
弦のそこはかとない美しさが、ちゃんと表現出来るレベルのDAPであった、ということだけは、断言出来ますね!
だからこれはスゴイと思いました。

今のウィーン・フィルじゃ、あんな音、出せないんだろなぁ〜。 おそらく…。

あと、この「M20」で聴いてみて気に入ったのが、ヴィルヘルム・ケンプのシューベルト「即興曲集」でした。
こちらは元の録音が古いので、ま、もともとあまり音は良くないのですが、それでもちゃんと、この演奏の良さを、私に気付かせてくれました。
実にいいですね。
どちらかと言うと、作品90(D.899)の方が、さらに良かったですかね。

シューベルト「即興曲集」では、私、ルプーのCDで満足しきっていて、ケンプでは熱心に聴いたこと無かったんですけど(でもCDは持っていた(=眠っていた)という…。(笑))、これはヨカッタ!

甘酸っぱさを採るならルプー盤。
素朴さではケンプ。
そんなところでしょうか?
こちらの年齢とともに、好みも変わってくる、ということかも知れません。

これを聴いていて、ケンプのシューマンが聴いてみたくなりました。(「交響的練習曲」とか…。)


※実は、「Cayin N3」にも興味が…。けれど、このクラスになると、価格的にウォークマンにバッティングするので、それなら素直にウォークマンにした方が良いのかな?なんて気も。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


浄瑠璃寺

2017/09/11 00:03
浄瑠璃寺に来ました。
ここは前にも訪れたことのある寺ですが、改めて参拝し、名刹だと思いました。

中韓が訪れない田舎にあることが、大きいかと思います。
申し訳ないんだけど、人が数多く訪れる地は、それだけ世俗に浸かるんじゃないかと思います…。

画像

本堂。

画像

たぶん藤袴だと思って撮ったんだけど、自信が無かったのでちゃんと撮らないちゃった。

画像

やっぱ、寺は“立地”ですねぇ。
“立地”と書くと、逆説的ですけど、あまり人の訪れない立地こそが、今後の寺の格式の維持にも繋がっていくと信じます。

画像

三重塔。こちらもお見事!

画像

本堂の中には、九体阿弥陀仏が安置されています。

この寺で最も有名なのは、吉祥天女像(全国的に有名。)ですが、今は西大寺展へご出張だとか。

画像


画像


画像

近くの岩船寺(がんせんじ)も是非行ってみたい!
って・・・。何度も行ったことあるのですが。

画像


この辺りは、京都ではあっても文化圏としては奈良に属する地域かと思われますが、この地域及び、奈良市東部あたりは、隠れた名所が点在してますね! 「かくれ里」と言ってもいいのかな?
先日訪れた、柳生の円城寺もその一つでした。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


「ウェブリアルバム」終了だって。(写真共有サイト比較続き)

2017/09/10 00:26

※写真共有サイト比較のみ読みたい方は、*******までとばして下さい。


BIGLOBEからのお知らせ。

>アルバムサービス「ウェブリアルバム」は、2018/1/15にサービスを終了することとなりました。

とのこと。

このサービス、積極的に使ってきたわけではないけど、ちょっとばかり残念。

と、その一方で、
「BIGLOBEあんしんバックアップ(容量無制限 AOSBOX)」月額500円(税別)
なるものが登場していた。

なーんだ。 無料のサービスをやめて、有料のサービスに切り替えるだけじゃん。
BIGLOBEもKDDI傘下になってから、金儲け主義なところが見えてきたなぁ。

そもそもオレ、母体がNECだったから「ウェブリブログ」にしたんだけどなぁ。
KDDIになってから、携帯に営業電話がかかってくるようにもなったし…。

NECや富士通がやっていた頃の「BIGLOBE」や「@Nifty」は、もう存在しないんだろうな。
メーカーというところは、つくづく営業職の弱いところだということ。
それだから、通信3社との戦いに付いていけなかったんだろけど。

で、このサービス
有料だけど、ファイル形式を問わず保存出来るみたい。
ファイル形式を問わず、というのは、RAWでも可、ということだろう。
いや、RAWどころか、動画でも何でもありみたいなんで、有料とは言え、結構役に立ちそう。

ただ、気になることは書いてあって、増設ドライブからのバックアップには非対応らしい。


そんなわけで、前にチラと書いた「写真共有サービス」の比較、の続きを書こう。

結局私は、オリンパスの「Fotopus」を主に使うことになった。

なんでかと言うと、それはもう、レスポンスの良さに尽きる。
他のオリンパスユーザーが、「いいね」ボタンみたいのを、ポチッとしてくれるわけ。

で、たまにはこんな愛想ない私に、コメント書いて下さる方も、いらっしゃるんだ。

そういうのが有難くて、それで「Fotopus」にしました。

ただし、「Fotopus」にも気になるところはあって、それが実は「オリンパスのカメラで撮った写真オンリー」だということ。(他社のカメラで撮った写真はダメ。)
それが大前提のサービスなのだ。

けど、私の場合、そうじゃない写真が結構ある。
それらも実は、アップロードしているわけなんだが、今のところ、何も言って来ない。
うん・・・。 何も言われていません。

私が自分の「プロフィール」欄に書いたオリンパスへの要望には、早速オリンパスからメールで返事が届いたくらいなんで、(プロフィールだけ見て)私のアップした写真類を見てない、ということは、無いはずなんだ…。

そして、私の上げた写真ファイルのEXIFを見れば、どんなカメラで撮ったかなんて、一目瞭然なんだが。
でも・・・、何も言って来ない。

ま、それは、私の考えるところ・・・。

・まず、オリンパスも使ってくれている。(少なくとも、非オリンパスユーザではない!)
・オリンパスデジタルカレッジ(要は、有料の写真講座。)の受講履歴も結構ある。

そんなこんなで、大目に見てくれているのではないか?
そういうのが、今の印象です。


**********************************************************************


ついでだから、他の写真共有サービスも含めて、その後の感触をまとめておきたい。

・Flickr(フリッカー)
…悪くないと思いました。
レスポンスもそれなりにある。しかも、外国人ユーザの方が多いので、海外の方からフェバリットボタンを押してもらえる。
その「つながり感」が、なかなかイイ!

そして言わずもがなだが、海外の方の写真が見れる。
日本人の撮る写真とは、全くfeelが違う。
そういうのが新鮮だったりする。

例えば…。
ガウディの傑作と言われる、サグラダ・ファミリアってありますけど。
これまで、マクロに俯瞰した写真でしか、あの建築を見たことなかった私には、「あれのどこが傑作なん?」となりますけど、外国人の撮られた、あの教会の細部に至るお写真の数々を見て初めて、「ああ!サグラダ・ファミリアって世紀の大傑作だったんだ!!」と飲み込めたりもする…。

そんな楽しさは確かにある。

容量もデカイ。
jpegだけなら実質無限大と言っていいほどある。
けど、他人に見せるサイトだけに、傑作だろうが凡作だろうが構わずどんどんアップしてまえ!
という気持ちには、さすがになれない…。(そこらへん、外国人は考え方が違うのかも知れない。)

・フォト蔵
…写真サイズが小さくなるので却下。

・Googleフォト
…こちらも同様のようなので却下。

・Canon オンラインアルバム
…キヤノンのカメラを所有してないと使えない。

・Nikonイメージスペース
…使い勝手は最高なんだが、賑わい性に乏しい。
写真をアップしても、うんともすんとも言って来ない。(笑)

そういう風に見てみると、オリンパスは写真共有サイトの運営が上手いと思うわ。^^

・CLUB Panasonic
…悪くないし、賑わいも十分あるんだけど、傑作と言うより、ホンワカした写真・ユーモアのある写真の方が評価されやすい傾向にある気がする。
ひょっとすると、審査してるのはカメラマンとかではなく、一般の社員さんだったりする?^^;

・Fotopus
…私は今のところコレがメイン。
 上にも書いたが、理由はユーザ間のレスポンスが良いから。

・Keenai
…無料期間明けたら、月額500円程度になるみたい。ほとんど使っていません。

・BIGLOBEあんしんバックアップ
…料金的にはKeenaiといい勝負。ただこちらは写真だけでなく、動画も無制限にアップ出来るようだから、動画コレクションされてる方ならコレ一択かも。

・Amazonプライム
…結局のところ、RAWまで保存するのであれば、こちらのサービスが一番お得な気がします。
月300円ちょい。 
Amazonプライムビデオの会員さんなら、追加料金不要みたい。


RAW保存が前提だとすると、「Amazonプライム」が月額300円ちょいで、「BIGLOBEあんしんバックアップ」やリコーの「Keenai」が月額500円では、太刀打ち出来ないと思っちゃいますが。
だから、「そのうち料金下げてくるのでは?」との読みもあります・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


猫の親子。

2017/09/03 10:33
画像

浄瑠璃寺の参道にいました。
浄瑠璃寺で飼ってるのかも知れません。

画像


画像

親の顔してますねぇ。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


なんでもないようなことがぁ〜♪

2017/09/01 00:14
画像

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


祇園の夏

2017/08/16 12:43
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


江戸東京たてもの園。

2017/08/05 23:32
江戸東京たてもの園です。
東京都小金井市にあります。
小金井市なんて、わたし初めて来ましたけど…。

でもここはヨカッタ。
江戸東京博物館の分館らしいが、博物館よりも気に入りましたね。

江戸…と言うより、昭和初期くらいの建物や街並みが再現されています。
昭和初期というと、そら私も生まれておりませんが、それでも、「あっ、こういうのあったあった!」と、おぼろげながら浮かんでくるものがあります…。

画像

流し台一つとってみても、とても懐かしい。

画像


画像


画像

フラフープ。

画像


画像

高橋是清の家もありました。
この肖像写真(と、その他いくつかの写真も同様に。)は、こちらをインストールし、このソフトを使用して疑似カラー化したものです。

画像


画像

小津映画みたく、水道の蛇口一つで、深い含蓄のある表現を作り出したかったのだが・・・。

画像

門を出たところ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


写真共有サイトいくつか試してみた。

2017/08/05 00:46
当ブログでアップロード出来る写真サイズの小ささには、前々から忸怩たる思いがあった。
そこで、「漸く」と言っては何だが、写真共有サイト、いくつか試してみた。

・NIKON IMAGE SPACE

・パナソニック PicMate

・オリンパス ib on the net

・リコー Keenai

・フォト蔵

・Flickr

試してみたのは、今のところ上記のみ。

とは言っても、真面目に試してないので、ちょっとやってみて分かんないとこあれば、考えるまでもなくすぐさまスルーして次のを試してみる、といったノリであります。


そんなやり方で、いくつか見てみた中では、とりあえずニコンのやつが気に入りました。
無料で20GBまで使えるし。(但しニコンのカメラ持ってない人は2GBまで。)
あと、操作が分かりやすい。

パナソニックのも良さげだったが、ニコンの方がさらに分かりイイ感じ。
オリンパスのは、正直言ってイマイチ感があった。
(いずれも、ちょっと試してみただけレベルの人の感想です。ハイ。)

※0806訂正
分かりやすさはニコンもパナソニックもおなじくらい良い。
デフォルトの保存容量でニコンが勝ってるだけ。


「フォト蔵」は、ちょっと違う感あり。
なにに対し、「ちょっと違う」と思ったのか…? 
それは、もう忘れました。
ホント、なんだったかな??

「Flickr」は割と好印象でした。
英語なので、操作が分かりにくい部分はあるものの、(英語だから分かりにくいのか?それとも、日本語であったとしても分かりにくい→そもそもがへんてこりんなのか??、そのあたり、微妙な印象も実は受けましたが。(笑))、アップロードできる容量が1TBまで。
無料でこれはスゴイ! 「フォト蔵」と双璧ですね。

今のところ、「NIKON IMAGE SPACE」を公開用、「Flickr」を個人保管庫にしようかと思案中。

そもそも、写真ファイルって、保管が結構大変なんですよねぇ。
HDDに置いてても、いつHDDが壊れるか分かんないし。

なんでも、写真家の皆さんは、RAID組んでるらしいですし。(笑)

私の場合、その都度ブルーレイにコピってるのですが、これとて、いつブルーレイが読み取り不可になるか分からないし、実際そういうことって、ふつーにあり得ますからね。
それ考えたら、共有サイトに置いとく方が、賢いのかも知れません。

「Flickr」なんて容量1TBだし、撮った写真をまるごとごっそり、アップロードしても良いくらいだ。

但し、RAWのアップロードには対応してないサイトも多し。
それか、自社カメラのRAWのみ対応し、他社のはハネるパターンかのどちらか。

そこへ行くと、リコーの「Keenai」は、どこのメーカーのRAWであろうが、アップロード可。
しかも、容量無制限!

サービスだけ見ると、ここが理想な気がします。 が…。
ただ料金があって、毎月500円とな。
もちっと安ければ、考えてみてもいーんだけど。
まっ、数か月は無料期間らしいんで、その間いろいろ試してみようかと思います。

とりあえず、東京行ったときのやつだけ、↓の「NIKON IMAGE SPACE」にアップしてみました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


涙の日。(*´ω`)ノ(´ω`、)

2017/08/03 23:15
画像



画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


立岩から屏風岩。

2017/07/30 00:02
画像

これが立岩。

画像

立岩の近くに、「間人皇后・聖徳太子母子像」があります。
間人(はしうど)皇后とは、一般に穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)と呼ばれる、聖徳太子の母君ですね。
なんでも、晩年は京丹後で過ごされたとか。
このあたりの地名、間人(たいざ)と言うのですが、間人皇后がこの地にご自分の名前を贈られたのだが、『畏れ多い』として、無理やり読み方を変えた、という伝説が伝わっています…。

画像

で、こっちが屏風岩。
どちらも自然に出来た岩だそうです。

画像

GRで撮ったこの写真を見て、京丹後が好きになりました。
太平洋側の海とは、まったく趣が異なりますね。
京都の海・・・素晴らしいです!
明け方とかに来れば、きっとすごい写真が撮れそう。☆
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


袖志の棚田。

2017/07/29 23:39
京丹後シリーズ、しばらく続けます。
袖志の棚田。

画像

海岸線の道路沿いに民家が立ち並んでいるところがヨカッタ。

画像


画像

「袖志の棚田」と言うくらいだから、実際にはこの家々と言うよりも、家々の裏手に広がってる棚田がメインでしょう。(笑)

画像


画像

でも私には、家々の方が印象に残りました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「憂国論」立ち読み(笑)して…。

2017/07/10 22:21
本屋で立ち読み。「憂国論」。


何かにつけいろいろと面白い内容だったが、私が最も唸ったのは、白井氏が矢部宏治氏の『日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか』を読んで、「こう思ったのです。」と語るくだり…。

そもそも護憲とか改憲とか、実はそれほど大した問題ではなくって、本当に今の日本を日本たらしめているものは、実は「憲法」ではなく、その裏に隠れている「日米安保条約」と「日米地位協定」なのだと。

あれらが変わらない限り、日本はどうやったって変われないのだと。
氏の用語で言うなら「永続敗戦が終わらない、終わりそうもない真の理由」ということか…。


私、矢部宏治氏のあの本、読んだことあるんですけど、残念ながらそういった解釈は、読後当時出てこなかった。
同じ経験をしても、その人その人でまったく体験の深さは異なるもんだということ。・・・痛感。

とは言え、白井氏のその言葉を読んで、唸ってしまった私でありました。


しかし、鈴木邦男という人物は、日本における右翼の代表みたいなイメージだったんだけれども、白井氏とあれだけ平和裏に論戦を繰り広げられるということが、とにかく不思議な感じだ。(笑)
おそらく相当に懐の深い人物なのだろう・・・。


他には。。。

天皇陛下が毎日最初に読む新聞が、どうやら「琉球新報」らしいという話があった。
(白井氏がある人からこっそり教えてもらったそうだ。)

こんなのは、真子さまが小室くんに『頑張ってね!』と言ったとか言わなかったとか言うのと同じくらい(いやそれ以上か?(爆))、本当はNGなんでしょうけど…。


この本を立ち読みしていて…、私…。

「陛下はご退位後、本をお書きになられるのではないか?」

と、ふとそんな気がしたなぁ〜。

そんなことが許されるのかどうなのか、よくは知らないのだけれど。
少なくとも、天皇である限り許されないことだけは確か。
上皇になられれば、少なくとも日本国の象徴ではなくなることと思うから、本を書くことも・・・。
どうなのかな?

ともあれ、今上陛下のお心の内には、国民に向けて語っておきたいことが、山ほどあらせられるに違いない、とは思っている・・・・。

さあて。いつまで立ち読みで我慢出来るか・・・。



憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ(祥伝社新書)
祥伝社
鈴木 邦男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ(祥伝社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
集英社インターナショナル
矢部 宏治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


静神社ふたたび。

2017/06/18 00:30
前に当ブログに載せたこともある、京丹後市網野町の静神社。
静御前を祀る神社です。
静御前はこの地(網野町磯)で生まれました。

静神社ふたたび。

画像

ここ、めちゃめちゃ眺望がいいんですねぇ〜。

画像

「日本史最大の恋物語」だって・・・。
この文言はちょっと大げさすぎかも。(笑)

画像


画像

今回は、看板や石碑なんかも撮ってみました。

画像

地図。
「静御前生誕の地碑」とありますね。
ここは前回訪れ損なったところ。 なので、今回リベンジ。

ちなみに、駐車場はありました。
前回来た時は無かったような気がするが、定かではありませぬ。

画像

おお! ここここ。

画像

すぐそばに展望台があり、この写真はそこから撮りました。
そして、この家々の中の一角に、静御前生誕の地はありました。

画像

静神社から展望台へは、このような直通の道が整備されてはいますが、かなり急なのでお勧めしません。
静神社を一度降りて、下から展望台へ登られた方が良いと思います。その方が楽です…。

画像

ここがそれ。

画像

私の撮った写真が傾いているのかと思いきや、そうでもないことがこれで分かる。

画像

バックはこんな感じ。

画像

ふ〜ん。。。 毎日こんな海を見て育ったんだ・・・。

なんか、こんな景色を見ると、会ったこともない人なのに、思いをはせてしまいますね・・・。

画像

一般の民家を入れてパチリ。
雰囲気としては、こんな家だったのかな?って。(わかりませんけど。。。)
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


韓国のこと憲法のこと。

2017/05/11 23:08
画像


また随分と空いてしまいましたが、その間も世間ではいろいろとありました。

画像


まずは、韓国大統領選がありました。
フランスでもあったけど、EU脱退路線はとりあえず無くなったということで。
やはり韓国の方が気になります…。

文在寅が大統領に。
失礼ながら、なんかちょっと笑ってしまいますね。
北との融和路線を主張してる人物とかで、自身のご両親も北出身だとか。
そして案の定、慰安婦合意の見直し。

・・・さすがにこれは、受け入れられません。(笑)

いやそれよりも、今さら北との融和って、KYとしか言いようがありません。
アメリカがあすこまで北に対し踏み込んでいる状況、かつ、中国まで北に圧力をかけている。

そんなときに北との融和って。
そりゃ、韓国が自国の論理のみで意思決定して良いほどの大国だったなら、それも良いと思いますがね。
でも、アメリカと同盟を結んでいるわけじゃないですか。

その同盟はどうするんでしょ?
アメリカは今だって、同盟国である韓国にミサイル攻撃があってはまずいとの配慮から、(本当は戦争したいのだろうけど)敢えて一線を超えて出られない状況でいるのだし。

アメリカがもし、文在寅政権にブチ切れして、『同盟破棄』を言い渡したら、どうするつもりなのか?
そしたら、アメリカは本当に北への攻撃を開始するかも知れない。

そうなったら、もしかして、日本にミサイルが飛んでくる可能性が、無いとは言えない。
けれど、おそらく安倍さんの性格だと、『そこは了承するから、トランプさんどうぞ北を攻撃してください。』ということに、なりそーな気がする。www

あー、あぶねー。

ま、昔っから、韓国の国民性って、そんな感じだったんでしょうね。

「ヘル朝鮮」という言葉を、最近よく耳にするが、自国ながら「救いがたいほどどーしようもない国。」と呆れてる国民は、少なからずいるようですね。

日本叩きに余念がなく、政治家は日本を叩けば票が取れると思っている。
でもその実、THAAD配備の一件で中国からは見放され、アメリカとの関係も先行き不透明(私的には、お先真っ暗。)。
そしたら頼りになるのはもう、日本しかいないだろうに、その日本に対して何でああいう態度が取れるのか不思議。

中国政府が、韓国製品の不買運動や国内の旅行会社に韓国行き商品の取り扱いを中止させたのを見て、『おー!ええ度胸や。やってやろうじゃねーの!』。
日本政府による、慰安婦像設置の対抗措置としての日韓スワップ交渉停止に対しても、やっぱり『おー!ええ度胸や。やってやろうじゃねーの!』。

韓国の国民性って、そんな感じですよね。

こんな国民性では、自国民だけで自国を運営すること自体、無理があるわ。(笑)
昔っからそんな感じだったから、日本だって、「あの国を放っておいたらあっけなくロシアの植民地にされてしまう。いくら言ってもロシアの脅威に気付かない。 お隣がロシアになるくらいなら、手っ取り早く俺たちが併合してまえ!」
ということに、なったんだと思うわ。
(でも、伊藤博文は韓国併合に反対してたんだよなぁ〜。)

画像

画像


まっ、それもあるけど、一番の心配は、安倍が憲法改正について『2020年に施行したい』と、強い意欲を示したことだろうな。(あぶねあぶね・・・。)

画像


私だって、憲法改正自体はいいんだ。
いいけど、それは、現状左に振れ過ぎている憲法を、真ん中あたりになるように改正せなあかん!と思うだけであって、右に変えることを由とはしない立場、というか、意見なんだ。

画像


実際、安倍は、北朝鮮からミサイルでも飛んでくれば、憲法に国防軍の規定を定めることが容易になると、本気で思ってる節がある。

今、中国と韓国がそういう主張をしている。
日本のメディアの中には「何をトンチンカンなことをww」みたいな報道をしているところもあったけど、私はこれ、中韓の主張の方が正しいと思うわ。

画像


ただ、9条に自衛隊の条文を入れることには賛成だ。
結局のところ、武器を一切持たないなどというのは理想論に過ぎず、軍事力を持ってはじめて平和が生まれる。
逆説的だが「それが真理」だと思うから。

金正恩だって、核兵器を使って世界征服を企んでるわけじゃないだろう。
自国の安全のために、これが一番良い方法だと思ってやってるんだと思う。

しかしそれにしても、金正恩なかなか強かそうですねえ。
朝鮮半島にカールビンソンが迫っても、普通に毎晩眠れてるような気がする。(よくわかんないけど。)
普通ならおかしくなっても不思議でない状況だと思うけど、あれでもしも正常でいられるのだとしたら、やはりしたたか者と見るべきなんだろうな。

画像


緊急事態条項にも賛成。

あと、憲法96条(憲法改正条項)も、改定そのものには賛成かな。
但し、議員の2/3以上の賛成、のところを、1/2に変えることには反対。
妥当なところで、3/5以上の賛成だろうなぁ〜。

画像


いや、実は憲法よりも「共謀罪」の方がもっと恐ろしいけど。
あれには反対!
あんなものがまかり通ったら、民主主義の破滅だと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京(主に)広角スナップ。

2017/04/25 00:03
溜まっていたものをアップします。
広角ズームで東京の街を撮るの巻。

画像

当たり前ですが、これだけ広角だと、今までにないものが撮れますね。

画像

バスを入れると広角が引き立ちますね。

画像

フェラガモのビルがカッコいい!^^

画像

この場所に人がこれだけしかいないって、奇跡。

画像

ここは豊洲だったか…。

画像

表参道。

画像


画像


画像

ここからGR。
GRも一応、換算28mmと広角なので。

画像


画像

ゆりかもめの光ってるとこをパシャ!

画像


画像

ビルを撮るのも、それはそれでイイ。

画像

ゆりかもめの新橋駅。

画像

これは何だっけ? ZARAだったか・・・?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


背割堤。

2017/04/21 00:59
画像

京都の知る人ぞ知る桜の名所。

画像


画像


画像

こっちは裏手。宇治川側ですね。
車置き場にしとくのが勿体ない。(笑)

画像

「GR DIGITAL」は桜の撮影には全く不向きなカメラだったのですが、「GR」だと(PENTAX一眼レフで採用されている)“雅”モードに設定変更すれば、花撮りに適した色合いになります。
それだけでも、リコーがペンタックスを買収した成果はあったかも。

但し、これ以上のPENTAX化は絶対に避けねばならない。
そこらへん・・・、大丈夫なのかな??

画像

秋田の角館に、ここと似た感じのところがありました。

画像


画像

あれに見ゆるは男山。

画像


画像


画像

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ちょっと再開。

2017/04/19 00:28
画像

だいぶ更新が遅れましたが、ここらでちょっと再開。

画像

この間、世間ではいろいろありました。

京都人の私としては、北陸新幹線延伸に伴う京都府下の駅が、松井山手に決まったことがちょっと嬉しかったかな。^^
松井山手なんて、京都の人以外、名前も知らないのじゃないか?と思うほどですが、ああなるほど、あすこにしたかぁって感じですかね。
京田辺中心部だと、工事や用地買収で大変そう。そこへ行くと、松井山手はまだ余裕ありそうです。

ただ、北陸新幹線が松井山手に決定となると、もはやリニアの京田辺ルートは、ほぼなくなりましたね。
やはりリニアは私の予想(当ブログにて何度か書いている)通り、生駒の高山地区を経由して、大阪へ行くのでしょう。

新大阪駅や新横浜駅と同じようなノリで、或いは、最近では新山口駅(もともと小郡駅だったのがいつの間にか新山口になってた。)の駅名変更の流れから見ても、じゃあ、松井山手がおそらくはいずれ、「新京都駅」と名付けられることになるのかな?

少なくとも、松井山手では全国的な知名度が低すぎますし、「新京都(シン京都?なんて(爆))駅」の方が、通りもよくなるでしょう。

画像

さて。
第二次朝鮮戦争の火蓋が切って落とされるやもしれない。

日本人にとってもこれは、『戦後史最大の危機』的状況だと思うのですが、それにしては、盛り上がってないですね。
日本人の平和ボケにも飽きれるばかり。
もちろん、自分を含めてデス。

画像


これまでトランプを見てきて、「なかなかやるな。」というのが、私の率直な感想。
やっぱり、アメリカ大統領になるだけの男には違いない。そう思いました。

もちろん、北への挑発が失敗に終わる可能性だってあるし、そうなったら日本も韓国も、断末魔の状態に陥る可能性があり、結果、トランプへの非難たるや、ごうごうとなるであろうことは分かってますが。

でもそれは結果論であって、「トランプなかなかやりよる。」という印象は変わりません。

画像

それよか、安倍さんの方が問題ですかね。
夫人と森友学園との関係がありますけど、森友なんてありゃ、大音響で街宣車を走らせてる極右の連中と、何も変わりないレベルの人ですよね。

あんなのと弦んでるのだとしたら、やっぱり安倍さんの頭の中は、(表向きこそ隠しちゃいるが)相当な極右と見て、もう間違いなさそう。
稲田防衛大臣にしても三原じゅん子にしても、発言が極右過ぎるわ。
いっぺん武田鉄矢に聞いてみたい。(笑) 三原じゅん子の極右思想についてどう思うかを。。。

画像


「教育勅語」にもいい部分があったこと。 それは否定出来ないでしょう。
実際、さらりと読むだけなら、とても良いことが書いてあるんだから。
けど、国民に対し忠義の精神を、極限レベルまで植え付けようとしたことは事実なわけで、その結果として、とてつもなく戦争に強い国民を輩出した経緯もあるわけで、今「教育勅語」を唱和させる学校なんて、あの頃の日本を復活させたいと考えている、極右と見られても仕方ない。

画像


断っておくが、私は別に、右翼が嫌いな訳ではない。極右が嫌いなだけ。

右翼思想の知識人の中でも、櫻井よしこや渡辺昇一・・・そういや渡部昇一亡くなったらしいですね。・・・とかなら全然問題ない。
実際、櫻井よしこが社民党の福嶋さんと論戦してる動画を見たことあるけど、どう見ても櫻井よしこの言ってることの方が、正論だと思ったもんなぁ。
(だから、もちろんですが極左も嫌いですよ。)

画像


なんか写真(神戸です。)と何の関係も無い話になりましたが、今夜はこのくらいにします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

プチ五合庵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる