アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
プチ五合庵
ブログ紹介
zoom RSS

祇園さん初詣

2018/01/03 17:17




【メール便送料無料】御朱印帳 御朱印帖 和紋 レトロフラワー 蛇腹式 和風 旅行/初詣/神社/仏閣巡り コンパクトサイズ 京都 女性用 男性用 【RCP】
お香・能作・風呂敷のひょうま
御朱印帳 御朱印帖 和紋 レトロフラワー 蛇腹式 メール便 和風 の説明 ・美しいレトロフラワー生地

楽天市場 by 【メール便送料無料】御朱印帳 御朱印帖 和紋 レトロフラワー 蛇腹式 和風 旅行/初詣/神社/仏閣巡り コンパクトサイズ 京都 女性用 男性用 【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

鉄道が変えた社寺参詣 (交通新聞社新書)
交通新聞社
平山昇

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鉄道が変えた社寺参詣 (交通新聞社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年まとめというか。

2018/01/01 15:16
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


師走の梅田散策。

2017/12/31 14:04


画像をクリックしてください。大きくして見られます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


豊郷小学校旧校舎

2017/12/29 03:15
「白亜の小学校」って感じですね。
ヴォーリズの設計。

今年世間をお騒がせしてる(?)松居一代さんが、Youtubeで『わたしはヴォーリズの学校出身』だと言っていた、あのヴォーリズですね。
尤も、彼女の母校はここ豊郷小学校ではないでしょうけど。
(近江八幡みたいだ。)

それにしても美しい建物です!
私は見ていて、平等院鳳凰堂を思い出しました。


あ。
もう来年から、ちゃんと撮影した写真は、以下のように写真サイトへアップするようにしたいかと考えております。
どーでもいいのは別として。


ところでこの度、ニコワンを手放し、D3200に乗り換えました。
ニコワン、一年以上まったく新製品が出る気配が無いし、新しいレンズも出そうになく、その上ニコンが経営不振に陥っているというニュースが出るに至っては、「これはもう、値のつくうちに早く手放した方が良さそうだ。」との判断に至りました。

一度製品化したものを止めてしまうのは、企業イメージ悪くなるから、出来るだけしないで欲しいとは思う。
けれど、どーも無理っぽい。
もっとセンサーの大きい、本格的なミラーレスを開発するそうだから。
そっち優先だろう。

ニコワン止めるなら、既存ニコワンユーザの救済策として、マイクロフォーサーズのレンズが付けられるマウントアダプターを発売してみたらどうだろうか?
技術的には可能だと思うんだけど。
そうすれば、m4/3用のダブルズームキットについてくるような40-150mm望遠ズームが、ニコワンなら500mmまでの超望遠ズームとして、使えちゃうんだけどな。


ニコンの一眼レフに変えたのは、他でもない、シグマ30mmF1.4を再び使いたいと思ったからだ。
ペンタックスと共に盗難に遭ったやつ。
あの写りがなかなか忘れられない。

シグマから、マイクロフォーサーズ用の30mmF1.4も出たけど、あれ買うくらいならもう、APS-C一眼レフ用のにした方が、写りは確かなのであって、私があれを知らなければ、きっとマイクロフォーサーズ用の30mmF1.4を買っていたんだろうけど、知っている以上、触手が動かん。

マイクロフォーサーズは、街撮りや近距離撮影なら素晴らしい写真が撮れるんだけど、其れ以上離れた風景になってくると、途端につまらなくなってしまうんだなこれが…。
私の腕の問題かも知れないが、たぶん、センサーサイズの問題だろうと思う。


最初、ピントが合わなくて困った。(K-50のときはジャスピンだったけどな。)
マニュアルフォーカスで通そうか?と本気で思いかけた。
でも、シグマに調整に出したら、1週間もせずに戻ってきた。
それ以降、ピント合わせも快適になりました。

写りは・・・、薄味ですね。
ペンタックスが濃厚過ぎたせいか、ニコンが薄く見える。
でも、設定で色味は変えられるようだから、これからチマチマやります。

ペンタックスの色表現にあれほど不満を感じていたというのに、面白いもので、ペンタックスの色を懐かしく感じる自分がいました。(笑)
“中毒”というのは本当ですね。
あの濃厚な色ばかり見せられてると、他社のカメラでは物足りなくなるというか…。

ある意味、早いことペンタックスと別れることが出来て、正解だったのかも?
いや、どうかな?
ペンタックスでも悪くない。。。

少なくとも、ニコンD3200とペンタックスK-50では、色味の好みはともかくとして、機能的にはK-50の圧勝ですね!
今度のニコン、手振れ補正一つ付いてないので、気をつけて撮らないといけない。
それとビックリしたのが、ISOオートの設定が無いんですね。
これも不便っちゃ不便だが、適宜それらしいISOに合わせて使うしかない。
あとそうそう。K-50にいろいろ付いていた“みやび”とか“ほのか”とか“銀残し”とかの、「カスタムイメージ」も全然ない。
ま、それもまた楽し(笑)です…。

それと、ニコンはモノクロが美しいと感じました。
どこがどう美しいのか、言葉では表現出来ませんが、まあそれも、以下の写真に作例があります。

広角っぽいのはGR、標準っぽいのがニコン(ってか、レンズはシグマ)です。




画像をクリックしてください。大きくして見られます。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


GIMP用にブリーチバイパスのスクリプトを作られている方いました。

2017/12/25 01:05
http://www.geocities.jp/gimproject3/retouch/breech-bypass/

↑こちら。

1)このサイト・下の方にある「ブリーチバイパススクリプト」をクリックし、zipファイルをダウンロード。

2)展開すると、breech-bypass.scmというファイルが現れる。

3)このファイルを、(PCの環境にもよりますが、一般的には)C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\scripts
の中にコピー。

4)Gimpで、フィルター → Script-Fu → スクリプトを再読み込み

5)ここまでやったら、どれかお好きな画像を投入すると

Gimpから、 Script-Fu → 写真加工 → ブリーチバイパス

が選べるようになります。

※このサイト、手順が不足しているような気がしたので、こちらでつい書いてしまいました。

やってみたところ、かなり黒ずんだ画像になり、個人的には好みと言いにくいテイスト(確かに銀残しなんでしょうけど…。)でしたが、技の一つとして持っておいて損はないかと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


シルキーピクスでプリセット登録出来るのですね。

2017/12/23 23:38
シルキーピクスでプリセットが登録出来るのですね。
知らなかった・・・。

今さらですが。。。

https://silkypix.isl.co.jp/how-to/how-to-category/taste/

個人的には、「銀残し(=ブリーチバイパス)」が一番有り難かった!
これを使えば、オリンパスには無い「銀残し」が選べます。

「赤外線」だけ、結果がちょっとおかしいけど。(モノクロになりませぬが。。。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


家族の聖夜。

2017/12/23 00:42
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


源氏物語ミュージアム

2017/12/20 00:40
10年ぶりだかで、「源氏物語ミュージアム」へ行ってきました。

画像

宇治にある施設なので、「源氏物語」とは言っても、展示などはかなり「宇治十帖」に重きを置いた構成(要するに、光源氏は出てこない。)になっています。

画像

忘れてましたが、「源氏物語ミュージアム」は水の中に建物があるのですね。
科学要塞研究所みたいです。

ああ、あと売店(土産物屋)があって、「花散里」という名前でした。

画像

横川の僧都。

館内で2本、映画が上映されており、1本は前にも見た人形浄瑠璃のやつ。
(葉月里緒奈が浮舟の声を当てているやつ。)

もう一本は、新しい作品のようで、普通に俳優が演じていて、緒形直人がナレーションしてましたね。
女優さんは綺麗でしたが、知らない人でした。

でも、やはり「源氏物語」は役者が演じない方がいい。
人形浄瑠璃はその点、正解だと思います。
登場人物がどんな顔をしているかが、はっきりしてしまうと、興ざめ感がある。

日本の伝統芸能に、人形浄瑠璃や、なかんづく“能”があるということは、日本の演目の中には、敢えて“顔だし”しない方が理にかなう作品が数多くあることの、これは証明ではないでしょうか?

時代を下れば、宮沢賢治なんかもまさにそうですし…。


画像

牛車が展示されていました。
ここはすべて撮影禁止でないようです。太っ腹ですね。^^

画像

垣間見の図。
こうして見ると、なんだかマヌケです。

画像

どっちが大君(おおいぎみ)でどっちが中君(なかのきみ)でしょうか?
展示には記載がありませんでした。

なんとなく、赤い服着たのが大君で、黄色が中君のような気がしました。(確証はありませぬ。)
でも、黄色の子の方が可愛かったかな?

画像


前に書いたことあったかも?ですが、私は「源氏物語」に登場する女性の中で一番好きなのが、大君でして。


「宇治十帖」は、「源氏物語」本編と比べると、続編というよりも、番外編・スピンオフのように捉えられている感ありですが、私はむしろ、こちらの方が本編より、更なる高みに到達している感を受けるんですけどねぇ〜。
本編を“動”とすると、「宇治十帖」は“静”ですね。 そんな感じします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小さな秋。

2017/12/16 01:00
もう冬なのに。。。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鹿さんたち。

2017/12/15 00:10
画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大津堅田の彼岸花。

2017/11/14 23:13
画像


画像


画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


真如堂から萩寺・藤袴

2017/11/12 22:59
画像

萩を撮りに真如堂へ。

画像

真如堂の写真はここまで。(笑)
たしか前にも、載せたことあったような気がしましたんで。

以下、萩と藤袴。

画像

私これまでよく知りませんでしたが、京の藤袴は、一般の藤袴とは違うようですね。

植物園などに咲いている藤袴は少しピンクがかっている。
ここの藤袴はもう、純白ですね。

もちろん、私はこの純白の藤袴が、とても気に入りました。

また、このサイトによりますと、

・・・フジバカマは万葉の時代から日本で親しまれてきた花ですが,生息に適した環境が減少したために今では「準絶滅危惧種」(環境省)に指定されています。その貴重な野生種が,平成10年(1998年)に大原野で発見されて以来,市内各地で保全活動に盛んです。・・・

とあります。

毎年、こんな催しもやってるみたい。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


撮りためたやつドバっと。(其の一)^^

2017/11/12 22:49
画像


画像

阪神高速池田線。

画像

五月山公園。ワラビーに会えなかった。。。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


AGPTeK M20

2017/09/11 00:45
数か月前の話になるんですが、「AGPTeK M20」なるものを買ってみました。

これはなにかと言うと、DAP。
DAPなんて用語、実は私も知らなかったくらいですが、要は「ウォークマン」及び、類似製品のこと。
デジタル・オーディオ・プレーヤーの略ですね。

何となく興味が湧いたので買ってみたのですが、スゴイですねこれは。

DAPとしては、私は何年か前にウォークマンを買っており、その音に不満があった訳ではないのですが。

ただ、問題だったのは、

1)私のウォークマンが、最新の楽曲保存形式に対応していないこと。
2)今のDAPは、microSDカードに曲を保存出来るようになっており、microSDカードの複数枚持ち歩きで、それこそ無限大に近いほどの楽曲が、身近に置いておけること。

そのあたりに興味があったから、でしょうか。

曲の保存形式についても、調べてみました。
私の持ってるウォークマンはATRAC形式でしたが、これはおそらくソニー専用の保存形式で、他社では使えない。
(たぶん。。。)
iPod(iPhone)も、あれはアップル専用の保存形式が採用されていますね。
(今のiPodはApple ロスレスに対応しているようですが、私が使っていたiPod touchはおそらくAAC。)

ところで、iPodって最近はだいぶ人気が落ちてるようです。 知らなかったけど。
やはり、音がひどすぎるということが、漸く消費者に浸透した、ということでしょうかね。
そこへ行くと、最近の中国製のDAPはスゴイです。

保存形式については、いろいろ調べた結果、、FLACを選びました。
「MediaGo」を使えば、簡単にCDから変換してくれます。
「Apple ロスレス(ALAC)」もFLACと同等の音質らしいですが、先にも触れたように、私はアップルの音楽にはあまり良い印象がありませんので…。

で、「MediaGo」で変換したFLACファイルを、PCで「M20」へコピーするのですね。
ベタな作業ですが。

ま、多少使い勝手がアレなところは気にしない。
なんせ中国製ですから。
中国製は、そんなところは重視しないようです。

一番は音の良さ。
そこだけに徹底してこだわってるところ。 好感が持てます。

じゃあ、私の持ってるウォークマンと比べて、どちらが音が良いか?

甲乙つけがたいですね。
真剣に比較するのもしんどいので、あまりやってみてはいませんが。
なんとなく思ってるのは、ウォークマンの方が音が低い。「M20」の方が高いですか…。

ただ、この「M20」で聴いた、カラヤンのラストレコーディングと言われる、ブルックナーの「第八」第3楽章の弦の美しい音色は、異常でした。(笑)
弦のそこはかとない美しさが、ちゃんと表現出来るレベルのDAPであった、ということだけは、断言出来ますね!
だからこれはスゴイと思いました。

今のウィーン・フィルじゃ、あんな音、出せないんだろなぁ〜。 おそらく…。

あと、この「M20」で聴いてみて気に入ったのが、ヴィルヘルム・ケンプのシューベルト「即興曲集」でした。
こちらは元の録音が古いので、ま、もともとあまり音は良くないのですが、それでもちゃんと、この演奏の良さを、私に気付かせてくれました。
実にいいですね。
どちらかと言うと、作品90(D.899)の方が、さらに良かったですかね。

シューベルト「即興曲集」では、私、ルプーのCDで満足しきっていて、ケンプでは熱心に聴いたこと無かったんですけど(でもCDは持っていた(=眠っていた)という…。(笑))、これはヨカッタ!

甘酸っぱさを採るならルプー盤。
素朴さではケンプ。
そんなところでしょうか?
こちらの年齢とともに、好みも変わってくる、ということかも知れません。

これを聴いていて、ケンプのシューマンが聴いてみたくなりました。(「交響的練習曲」とか…。)


※実は、「Cayin N3」にも興味が…。けれど、このクラスになると、価格的にウォークマンにバッティングするので、それなら素直にウォークマンにした方が良いのかな?なんて気も。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


浄瑠璃寺

2017/09/11 00:03
浄瑠璃寺に来ました。
ここは前にも訪れたことのある寺ですが、改めて参拝し、名刹だと思いました。

中韓が訪れない田舎にあることが、大きいかと思います。
申し訳ないんだけど、人が数多く訪れる地は、それだけ世俗に浸かるんじゃないかと思います…。

画像

本堂。

画像

たぶん藤袴だと思って撮ったんだけど、自信が無かったのでちゃんと撮らないちゃった。

画像

やっぱ、寺は“立地”ですねぇ。
“立地”と書くと、逆説的ですけど、あまり人の訪れない立地こそが、今後の寺の格式の維持にも繋がっていくと信じます。

画像

三重塔。こちらもお見事!

画像

本堂の中には、九体阿弥陀仏が安置されています。

この寺で最も有名なのは、吉祥天女像(全国的に有名。)ですが、今は西大寺展へご出張だとか。

画像


画像


画像

近くの岩船寺(がんせんじ)も是非行ってみたい!
って・・・。何度も行ったことあるのですが。

画像


この辺りは、京都ではあっても文化圏としては奈良に属する地域かと思われますが、この地域及び、奈良市東部あたりは、隠れた名所が点在してますね! 「かくれ里」と言ってもいいのかな?
先日訪れた、柳生の円城寺もその一つでした。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


「ウェブリアルバム」終了だって。(写真共有サイト比較続き)

2017/09/10 00:26

※写真共有サイト比較のみ読みたい方は、*******までとばして下さい。


BIGLOBEからのお知らせ。

>アルバムサービス「ウェブリアルバム」は、2018/1/15にサービスを終了することとなりました。

とのこと。

このサービス、積極的に使ってきたわけではないけど、ちょっとばかり残念。

と、その一方で、
「BIGLOBEあんしんバックアップ(容量無制限 AOSBOX)」月額500円(税別)
なるものが登場していた。

なーんだ。 無料のサービスをやめて、有料のサービスに切り替えるだけじゃん。
BIGLOBEもKDDI傘下になってから、金儲け主義なところが見えてきたなぁ。

そもそもオレ、母体がNECだったから「ウェブリブログ」にしたんだけどなぁ。
KDDIになってから、携帯に営業電話がかかってくるようにもなったし…。

NECや富士通がやっていた頃の「BIGLOBE」や「@Nifty」は、もう存在しないんだろうな。
メーカーというところは、つくづく営業職の弱いところだということ。
それだから、通信3社との戦いに付いていけなかったんだろけど。

で、このサービス
有料だけど、ファイル形式を問わず保存出来るみたい。
ファイル形式を問わず、というのは、RAWでも可、ということだろう。
いや、RAWどころか、動画でも何でもありみたいなんで、有料とは言え、結構役に立ちそう。

ただ、気になることは書いてあって、増設ドライブからのバックアップには非対応らしい。


そんなわけで、前にチラと書いた「写真共有サービス」の比較、の続きを書こう。

結局私は、オリンパスの「Fotopus」を主に使うことになった。

なんでかと言うと、それはもう、レスポンスの良さに尽きる。
他のオリンパスユーザーが、「いいね」ボタンみたいのを、ポチッとしてくれるわけ。

で、たまにはこんな愛想ない私に、コメント書いて下さる方も、いらっしゃるんだ。

そういうのが有難くて、それで「Fotopus」にしました。

ただし、「Fotopus」にも気になるところはあって、それが実は「オリンパスのカメラで撮った写真オンリー」だということ。(他社のカメラで撮った写真はダメ。)
それが大前提のサービスなのだ。

けど、私の場合、そうじゃない写真が結構ある。
それらも実は、アップロードしているわけなんだが、今のところ、何も言って来ない。
うん・・・。 何も言われていません。

私が自分の「プロフィール」欄に書いたオリンパスへの要望には、早速オリンパスからメールで返事が届いたくらいなんで、(プロフィールだけ見て)私のアップした写真類を見てない、ということは、無いはずなんだ…。

そして、私の上げた写真ファイルのEXIFを見れば、どんなカメラで撮ったかなんて、一目瞭然なんだが。
でも・・・、何も言って来ない。

ま、それは、私の考えるところ・・・。

・まず、オリンパスも使ってくれている。(少なくとも、非オリンパスユーザではない!)
・オリンパスデジタルカレッジ(要は、有料の写真講座。)の受講履歴も結構ある。

そんなこんなで、大目に見てくれているのではないか?
そういうのが、今の印象です。


**********************************************************************


ついでだから、他の写真共有サービスも含めて、その後の感触をまとめておきたい。

・Flickr(フリッカー)
…悪くないと思いました。
レスポンスもそれなりにある。しかも、外国人ユーザの方が多いので、海外の方からフェバリットボタンを押してもらえる。
その「つながり感」が、なかなかイイ!

そして言わずもがなだが、海外の方の写真が見れる。
日本人の撮る写真とは、全くfeelが違う。
そういうのが新鮮だったりする。

例えば…。
ガウディの傑作と言われる、サグラダ・ファミリアってありますけど。
これまで、マクロに俯瞰した写真でしか、あの建築を見たことなかった私には、「あれのどこが傑作なん?」となりますけど、外国人の撮られた、あの教会の細部に至るお写真の数々を見て初めて、「ああ!サグラダ・ファミリアって世紀の大傑作だったんだ!!」と飲み込めたりもする…。

そんな楽しさは確かにある。

容量もデカイ。
jpegだけなら実質無限大と言っていいほどある。
けど、他人に見せるサイトだけに、傑作だろうが凡作だろうが構わずどんどんアップしてまえ!
という気持ちには、さすがになれない…。(そこらへん、外国人は考え方が違うのかも知れない。)

・フォト蔵
…写真サイズが小さくなるので却下。

・Googleフォト
…こちらも同様のようなので却下。

・Canon オンラインアルバム
…キヤノンのカメラを所有してないと使えない。

・Nikonイメージスペース
…使い勝手は最高なんだが、賑わい性に乏しい。
写真をアップしても、うんともすんとも言って来ない。(笑)

そういう風に見てみると、オリンパスは写真共有サイトの運営が上手いと思うわ。^^

・CLUB Panasonic
…悪くないし、賑わいも十分あるんだけど、傑作と言うより、ホンワカした写真・ユーモアのある写真の方が評価されやすい傾向にある気がする。
ひょっとすると、審査してるのはカメラマンとかではなく、一般の社員さんだったりする?^^;

・Fotopus
…私は今のところコレがメイン。
 上にも書いたが、理由はユーザ間のレスポンスが良いから。

・Keenai
…無料期間明けたら、月額500円程度になるみたい。ほとんど使っていません。

・BIGLOBEあんしんバックアップ
…料金的にはKeenaiといい勝負。ただこちらは写真だけでなく、動画も無制限にアップ出来るようだから、動画コレクションされてる方ならコレ一択かも。

・Amazonプライム
…結局のところ、RAWまで保存するのであれば、こちらのサービスが一番お得な気がします。
月300円ちょい。 
Amazonプライムビデオの会員さんなら、追加料金不要みたい。


RAW保存が前提だとすると、「Amazonプライム」が月額300円ちょいで、「BIGLOBEあんしんバックアップ」やリコーの「Keenai」が月額500円では、太刀打ち出来ないと思っちゃいますが。
だから、「そのうち料金下げてくるのでは?」との読みもあります・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


猫の親子。

2017/09/03 10:33
画像

浄瑠璃寺の参道にいました。
浄瑠璃寺で飼ってるのかも知れません。

画像


画像

親の顔してますねぇ。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


なんでもないようなことがぁ〜♪

2017/09/01 00:14
画像

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


祇園の夏

2017/08/16 12:43
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


江戸東京たてもの園。

2017/08/05 23:32
江戸東京たてもの園です。
東京都小金井市にあります。
小金井市なんて、わたし初めて来ましたけど…。

でもここはヨカッタ。
江戸東京博物館の分館らしいが、博物館よりも気に入りましたね。

江戸…と言うより、昭和初期くらいの建物や街並みが再現されています。
昭和初期というと、そら私も生まれておりませんが、それでも、「あっ、こういうのあったあった!」と、おぼろげながら浮かんでくるものがあります…。

画像

流し台一つとってみても、とても懐かしい。

画像


画像


画像

フラフープ。

画像


画像

高橋是清の家もありました。
この肖像写真(と、その他いくつかの写真も同様に。)は、こちらをインストールし、このソフトを使用して疑似カラー化したものです。

画像


画像

小津映画みたく、水道の蛇口一つで、深い含蓄のある表現を作り出したかったのだが・・・。

画像

門を出たところ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

プチ五合庵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる